日曜、祝日診療 サンデー皮フ科

当院ご案内

水虫
いろいろな皮ふ疾患

休日も診療しております


サンデー皮フ科 よくある病気
当ホームページをご参考に、早めにご相談ください。

白癬菌

<顕微鏡内での白癬菌>
水虫やたむしの原因菌ですが、原虫や細菌類ではなく真菌すなわちカビの一種です。カビにとって暖く湿ったところが居心地よく、水虫が夏に増悪するのはこのためです。逆に冬は寒くて乾燥しているので水虫はおとなしくなります。冬期にしっかりと治療すると効果的です。


足白癬(水虫)

足に生ずる皮膚病は水虫が多いのですが、かなりの部分はしっしんもまざっています。それぞれ外用薬が異なるので正しい診断が必要です。たかが水虫と軽く考えないできちんと皮膚科で真菌検査を受けることをおすすめします。 外用薬はすぐに中止しないで、お風呂あがりなどにしばらくの間習慣にするとよいでしょう。


体部白癬(たむし)

股部に生ずるものをとくにいんきんたむしと呼んでいます。ご家庭でしっしんの薬を外用したりすると増悪することがありますので、皮膚科できちんと真菌検査を受けることが必要です。水虫を合併していることも多いのでいっしょに治療すると再発を防止することができます。


爪白癬

いわゆる”爪の水虫”です。水虫が長期にわたると爪の中に入って黄色に変色し、爪が厚ぼったくもろくなります。巻き爪の原因になったり美容上問題となることがあります。外用薬だけで治癒することもありますが、多くは 抗真菌剤の内服が必要です。爪がのびてくるのを待たなければならないので多少時間はかかりますが、きちんとした治療を行なえば完治させることが出来ます。


当院では・・・

当院では、内服薬とともに爪をうすくする処置を行って治療期間短縮に努めています。


手白癬(手の水虫)

手の水虫はほとんどの場合、足の水虫からうつることが原因です。
爪白癬も合併していることが多いので皮膚科で真菌検査を受け、必要なら内服薬も併用するなど根本的な治療をすることが大切です。手の外用薬は、軟膏やクリームは使用感がわるいので、当院では症状にあわせて液状のさらりとした外用薬なども処方しています。


COPYRIGHT(C) サンデー皮フ科 ALL RIGHTS RESERVED.